一般社団法人 証明用電気計器推進協会とは

「一般社団法人 証明用電気計器推進協会」は証明用電気計器(子メーター)の有効期限切れに伴うトラブル・事故を防ぐことを目的とし、期限切れ証明用電気計器(子メーター)交換促進の為に設立された団体です。

TOPICS

証明用電気計器(子メーター)の有効期限をご確認下さい。

一般的な子メーターは「7年」または「10年」で有効期限が切れます。
立入検査もあり、そのまま使用していると罰則を科せられるだけではなく大きなトラブルに発展する危険性もあります。

●計量法第148条(立入検査)
経済産業省または、都道府県もしくは特定市町村の検査員の立入検査があります。

子メーターって?

証明用電気計器(子メーター)とは、電気料金を纏めて電力会社へ支払っている貸しビル等のオーナーが、各テナントに電気料金を配分するために使用する証明用電気計器のことです。

子メーターは検定を受けることで、この計量値が正しいものであることを公的に証明できる機器となります。
検定を受けていない又は有効期限が切れてしまった子メーターによる計測値は、正しい値であると証明することはできません。
未検定又は有効期限切れの子メーターのままでは、オーナーが各テナントに請求している額が正当であることを証明できなくなってしまいます。

※取引用電気計器(親メーター)とは?
電力会社と管理人との間で電気の取引の際、使用するメーターの事です。

AEP 証明用電気計器推進協会

■東京本部
〒103-0016
東京都中央区日本橋小網町18-10 JSQUARE日本橋5F
■大阪本部
〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場1-11-26 長堀フジビル8F
TEL: 0120-048-789  FAX :03-5623-7545  FAX:06-6263-0302

当協会は経済産業局 及び 電力会社とは一切関係のない民間社団法人です。